末期がん体験レポート6 在宅ホスピスの選択

積極的な治療ができない状態で、最後の時間を過ごす場合、
病院の1室で、あまり痛みのコントロールや心のケアなどを、
思うように受けられないより

緩和ケア病棟・・もしくは在宅で最後を看取るという選択ができれば
本人・家族にとっては、それが1番ではないでしょうか・・・。
ですが、まだまだ施設は少なく、また大きな病院の緩和ケア病棟でも
ベッド数は少なく、待ち期間がかなりあるようです。

ですので、実際のところは、治療を受けていた1室で
最後の時間を過ごすことが多いのが現状となっています。

苦痛を緩和する専門施設であるホスピスは、治療重視の施設より、
症状コントロール面などには断然いいと感じました。

私は、偶然にもペインクリニックでお世話になった先生から
病院から独立開業されたばかりのペイン施設クリニックが
在宅ホスピスをしていることを知り、その先生と出会いました。

在宅ホスピスを選択できたことで、本当に納得がいく父との時間を過ごせました。
感謝してもしきれません。

前のレポートで何度となく上げている、知人の奥様のケースでは、
緩和ケア病棟に移れないまま、病室の1室で最後を迎えましたが
そのすぐあと、看護師が口にした言葉は、
「何か訴えることはありますか?」だったそうです。

そういうことを言わなければならないマニュアルになっているのかもしれませんが
耳を疑う一言です。

在宅ホスピスで最後の時を

私が出会った、在宅ホスピスの病院は、できたばかりで、
在宅ホスピスと言う考えを広く、広げたいという先生の思いから
 
私と父がした体験談をパンフレットにしたいということで、
その当時病院のパンフレットに書いた私の体験談を転記します 

(一部、今までのレポートとかぶりますので抜粋しています)

体験レポート 在宅ホスピスで看取るということ

ペインクリニックで診ていただいていた時に
知った在宅ホスピスと言う考え。
最初在宅ホスピスと聞くと、立派な家でないとできないように感じましたが

例え狭い1室でも、ベッドさえ入れられたら可能だということを聞き、
また、骨への転移から、付き添い介護が必要な状態でしたので、
介護認定を受け、介護用ベッドを用意してもらうことができました。

病状の急変などの心配がありましたが、緊急時には24時間対応可能ということで、
今までの病院への通院はやめることにして、自宅で診る決意をしました。

ですが、そんな準備を進める中、急に父の体調が悪化し、
急遽今までの病院に入院することになってしまいました。

父は、今の体調が不安だから、少し良くなってから、自宅に帰ると言ったのですが
そのことをホスピスの先生に相談すると

「本当の病状を知らない患者様は皆、
少し良くなったら自宅で過ごそうと考えられますが
本当に、よくなることはないので、そう思っている間に、
家に帰るタイミングを失います。」

「帰れる間に是非帰ってあげてください」と強い口調で言ってくださいました。

「24時間サポートしますので安心して連れて帰ってあげてください・・」と。

先生たちからの強い意志が感じられ、背中を押していただいて、
転院する旨を伝え、退院し、帰ることができました。

そして、退院と同時にたくさんの器具や装置を持って
先生や看護師さんたちが訪問してくださり、

痰の取り方から・・数々の器具の使い方や見方などを教わりました。

ですが、早速その夜それまでにない強い痰のからみで、息も苦しそうになり
とてもとても不安になりました。

痰の取り方は丁寧に指導を受けてはいましたが、
横で、先生がいて自分がするのと、自分だけで
吸入の管を奥の方まで差し込むのはとても勇気がいり

のどの途中で引っかかっている気がして、のどに突き刺してしまってないか
傷つけてないか・・・痛くないのか・・苦しくないのか・・
とても怖く、とても不安でした。

真夜中でしたが、不安な気持ちは収まらず電話をすると、
すぐに飛んできてくださいました。

そして、「お父さまは絶対に喜んでくれているから、自信を持って」と
励ましてくださいました。

徐々に痰は上手に取れるようになりました。
ですが、日に日に、呼吸は苦しくなっていくようでした。

酸素の量だとか…少し増やしていいのか・・とか

言われた通りのことをするのも、不安はたくさんありましたが、
先生がいつも励ましてくださいました。

自宅だと安心

私は小さい子が二人いますので、父が入院していたときは
病院にお見舞いに行っても、子どもも一緒なので、
周りの人に迷惑が掛かったらダメだからと、父が気づかい

せっかくお見舞いに行っても、何か食べておいで・・とか
父からすぐに部屋から出されてしまっていました。

せっかく父の顔を見に行っても、
多くの時間を待合室で過ごすことになるのでした。

それが、自宅ですと、子どもたちのご飯の用意をしながらも、
お風呂に入れながらも、寝かし付けながらも、
父の様子を感じることができ安心できました。

父の手を握りながら、不思議に天からこの世に生まれてくる
新しい命を家族がお湯を沸かし、タオルを用意して待っているような
そんな、来るべき時を、自然にそっと待っている・・・そのような心境でした。

もし、これが、無機質な病室で、忙しく聞こえるバタバタと言う
看護師さんの足音や、ガチャガチャいう金属音が鳴り響く冷たい病室では

このような安定した気持ちではいれなかっただろうと思います。

日に日に意識がどんどん遠のき、もう自力では起き上がれないようになっていた頃・・
父が急にベッドに一生懸命身体を起こし、手を合わし、
母と私たちに何か言おうとしてくれました。

それは・・・

「ありがとう・・・」 そう、言ってくれたのだと思います。

「ありがとう…って言ってくれたの?」そう思っていると

たくさんの嬉しい表情を見せてくれました。

最高のとびきりの笑顔を見せてくれました。

それが・・・父からの最後の贈り物でした。

その後・・・
だんだん息が浅くなりました。

口が乾くからと、ずっとガーゼに水分を含ませて、口に運んでいたのですが

父から、その時が伝わったように、私にははっきり父の声が聞こえました。
最後、父の大好きだったお酒をガーゼに含ませてあげることができました。

本当に、それが最後でした。
最後の息をし、そっと、ろうそくが消え入るように、
静かにそっと息を引き取りました。

父と、最後素晴らしい時間を過ごすことができたのは、
在宅ホスピスと言うことに出会えたお蔭でした。

出会えた先生方々・・
サポートし続けてくださった先生方々・・・
感謝してもしきれません。

そして・・・同じような状況で悩み苦しむ方々に
医療面でのサポートが十分であれば、自宅での最後の時間を過ごす事ができるという事
広く広がっていくことを、また、そのようなサポートできる施設が増えることを
願ってやみません。

本当にありがとうございました。

体験レポートより・・

住み慣れた家で、家族と最後を迎えるという、昔はきっと当たり前だった
自宅での最後の時を、今は殆どできないのが現状だと思いますが

本当に、このような施設がたくさんできていくことを、今もなお願っています。

最後まで、お読みいただきありがとうございました。

a:457 t:1 y:1