ジュリアン・ベイルズ博士 Dr. Julian Bailes脳スペシャリスト

ジュリアン

ジュリアン・ベイルズ博士
米国で最も有名な脳神経外科医のひとりであり、
8年連続でトップ外科医として表彰された脳のスペシャリストです。

顧問医師委員会会長
■世界トップクラスの神経外科医
■脳腫瘍及び脳機能に与える脳損傷の影響を専門
■シカゴ大学神経外科教授及び学部長
■元ピッツバーグ・スティラーズチームドクター
■NFL(米プロフットボールリーグ)選手協会医
■世界トップクラスの栄養学専門家
■ウエストバージニア大学脳神経外科会長
■100を超える科学記事を発表

ビジュアルレイスMRIレーザーガイド療法などの
新しい脳腫瘍治療技術を米国で使用した最初の医師のひとりです。

さらにシカゴ地域において、シックスピラーアプローチの一環として、
他の方法では治療が不可能な脳腫瘍患者に対し
低侵襲NICOプレインパスを使用した最初の神経外科医のひとりです。

特にケガが中枢神経系や脊髄に与える影響を専門としています。


ジュリアン・ベイルズ博士はニューベラスの重要な役割を

ジュリアン・ベイルズ博士は
ニューベラスのメディカルアドバイザリーボードチェアマンです。

また、フィジシャンズウエルネスグループの代表です。

ジュリアン・ベイルズ博士は必須オメガ脂肪やスーパーフードの分野にも
精通していて、スーパーフード機能性飲料のパイオニアとして
業界を切り開いていくニューベラスに最先端の知識体系を
もたらす役割を担っています。

ジュリアン・ベイルズ博士が関わった、数々の生還劇は全米のみならず、
世界中のメディアで取り上げられています。

映画コンカッション

ジュリアン・ベイルズ博士は、
アメリカンフットボールのプレー中に起こる、
頭部の衝撃が原因で起こる「慢性外傷性脳症CET」を証明され、

その物語が主演ウイル・スミスらが出演する「コンカッション」として、
2015年映画化され話題となりました。

ジュリアン・ベイルズ博士はスーパーフードにも精通

必須オメガ脂肪や、スーパーフード両方に精通していて、
スーパーフードの機能性飲料のパイオニアとして、
業界を切り開いていく、最先端の知識体系を担っておられます。

脳データ

誘わない

ネットワークビジネス用語集

赤ちゃんとママ

自宅で収入になれば助かる
家のこと・家族のこと・・仕事

時間もお金もきりつめて・・・
もっと・・ゆとりを持ちたい・・

今できることで、隙間時間を使って

「1日1時間でも2時間でも自宅で収入になればいいのになぁ」

在宅副収入

在宅ねっと


今の自分が将来の自分を作っている

1年先・2年先を考えた時
ずっとこのままかな・・・

って心配しているより

たった今の瞬間から、未来は変わります。

今の行動が、未来の自分を作っています。

望むものに、自分の毎日を変えるのは、今です!

学び行動した分は必ず自分に帰ってきます。

失敗とは成功の反対語ではありません。
失敗とは、何も行動しなかった事。

失敗の反対語は行動です。

行動から必ず何かが生まれます!

在宅副業への道

a:1161 t:4 y:0