Q:ネットワークビジネスでチラシを配ってもいいですか?成功率は?

友達リストに尽きた時…考える次の手に使える?


ネットワークビジネスでチラシを配る・・・成功率は・・?

お声かけのための100人リストがダメなら
コールドマーケット…というのを耳にしたことがありますが・・・

Yahoo 知恵袋でこのような質問がたくさん寄せられていました。

チラシを路上で配ったり、ポスティングを行った場合

「是非やってみたい!!」とビジネス参加者が見つかる成功率は
実際どうなのでしょうか?

チラシを・・・といくつもの質問を読んでいて、
お声かけ先がない・・・と切実な気持ちが伝わってきます。

ネットワークビジネスのチラシの効果??どうなのでしょうか

・゜☆゜・*:.。. ☆.。.: *・゜☆゜・*:.。. ☆.。.: *

チラシを配っていいですか・・・法律上はどうですか?

どこのネットワークビジネスの企業でも情報を開示しての

不特定多数へのスポンサリングは認めていません。

これは、インターネットでも同じです。

消費者センターなどに「問い合わせ」が行くだけで
「クレーム」として処理されて、参加されているネットワークビジネス企業の
行政処分につながります。

また、訪問販売法の中で、事業者を明記しないと違法行為になります。
例え、あなたの名前を明記して、ここをクリアしたとしても、

一個人の名前のチラシを見て、なるほど!!と思って
あなたに連絡をして、サインアップしてビジネスを始めようと
思う確率は非常に少ないと思います。

ネットワークビジネスの勧誘を、チラシ配りやポスティングは
法律上からしても、良くないと言えます。

ネットワークビジネスチラシ配布成功率はどうですか?

一般的に、チラシ配りやポスティングについて言われていること
まずお話します。

基本的に人が目に留めた情報で、それに元々興味があった場合で、
その情報をきっかけに行動を起こす確率は
3パーセント程度と言われています。

不特定多数にチラシやポスティングをする場合は、

興味があるかどうか分からない訳ですから、更に確率は低く
その情報で行動を起こすのは、一般的に0.1%から0.3%と言われています。

ネットワークビジネス・・・という、

まだまだ、正確に理解せず、もしくは過去に嫌な思いがあったりして、
マイナスなイメージを持っている人も少なからずいらっしゃいます。

そのことを考慮すると、上記の確率はもっともっとぐんと下がると思います。

チラシ代がペイできることも、まずないと思っていいと思います。

法律的にも、マナー的にも、効率を考えても
よくない・・・のではと思います。

もっと、違う方法で
興味がある人のところへ、情報を届けられるといいですね。

ネットワークビジネスは、興味を持っている人へ情報をお届けするが正解

クチコミ

画像の説明

a:666 t:1 y:0