「脳疲労に期待??」プラズマローゲンとは

プラズマローゲンとはなにでしょうか?

プラズマローゲンとは、人や動物の体内にあり、
抗酸化やイオン輸送に重要な役割を果たすリン脂質の一種です

  • 抗酸化作用を持った脂質の中のリン脂質の一種でグリセロリン脂質の一つ
  • 哺乳動物の全ての組織に存在
  • 人体のリン脂質の約18%を占める
  • 特に、脳神経細胞、心筋、リンパ球、マクロファージ等に多く含まれる

プラズマローゲンの機能 Wikipediaより

プラズマローゲンは多くのヒト組織で検出されるが、
特に神経系、免疫系、循環器系には豊富に存在する。

ヒトの心組織においては、コリングリセロリン脂質の30-40%近くが
プラズマローゲンである。

それ以上に驚くべき事実として、成人脳内のグリセロリン脂質のほぼ30%、
およびミエリン鞘のエタノールアミングリセロリン脂質の
最大70%がプラズマローゲンである。

プラズマローゲンの機能は未だ完全には解明されていないが、
哺乳動物細胞を活性酸素種による傷害から保護することが示されている。

そのうえ、プラズマローゲンはシグナル分子および
細胞膜動態の修飾因子であることが示唆されている。

プラズマローゲン 名前の由来

プラズマ=細胞質 からネーミングされました。

プラズマローゲンとアルツハイマーの関係は?

20世紀末、アメリカでアルツハイマー患者さんの解剖された脳に、
プラズマローゲンが脳で減少していることが発見されました。

その後、生存中の患者さんの血液でも減少している事が見つかっています。

プラズマローゲンの研究を進めていった中で・・

プラズマローゲンは

  • ①海馬の神経細胞を新生する
  • ②βアミロイドによる認知学習障害を改善する
  • ③神経炎症・βアミロイドの蓄積を防ぐ

事がわかりました。

DHA EPA

プラズマローゲンにはDHA※・EPA※※などの不飽和脂肪酸を多く含まれます。

※DHA(ドコサヘキサエン酸の略称)※※EPA(エイコサペンタエン酸の略称)

DHA/EPAはn-3系(オメガ3系)多価不飽和脂肪酸で、
どちらも体内で合成できないため食べ物から摂取しなければならない必須脂肪酸です。

認知症予防にオメガ3

認知症はこれからますます増加する!世界的に大きな問題

世界認知症人口
2015年4680万人
2018年7470万人
2050年1億3150万人

世界の認知症の医療コスト
2015年98兆円
2018年120兆円
2030年240兆円超

認知症医療コスト・人口それぞれこのように予想されています。
(国際アルツハイマー病協会より)

つぎは人生後半を豊かに!





若くてきれい・元気で健康

ワクワク人生を考えるサイトへようこそ!

ライン

インターネットだけで成功できる

ネットワークビジネスまだ始まったばかりです!

画像の説明

  • ホームページでは、諸々の規則によってすべてをお伝えすることができません
  • ご希望の方は以下からお申込み頂くと、無料で動画&資料とフォローメールで
  • 私が展開しているネットワークビジネスの仕組みをすべて公開しています

画像の説明
i無料パンフレット

業界NO.1のサポートで安心!

このビジネスを始めるのに、特別な資格も才能も必要ありません。

コツコツ隙間時間を使って無理なく継続できます

仲間と一緒に力を合わせて、豊かな生活の実現への究極の方法とは?



a:465 t:2 y:0