介護離職直面してからでは遅い、ネットワークビジネスで準備

在宅ワークできれば助かる
働けなくなったときにも入り続ける収入が将来を救う
気付いてますか…最善の方法がネットワークビジネスだということを


増え続ける介護離職!もし・・直面したらを考えてますか?

この先直面するかもしれない介護・・。
介護に直面した時に、今の仕事と両立できるのでしょうか・・・。

介護離職・・よく耳にするようになり、
少しはその不安、感じているものの・・

実際に、在宅ワークなどを準備しておくという
手を先に打っている人が少ないのが現状だと、
ある介護セミナーの講師の方が言っておられました。

今、目の前にその状態に置かれてないから、
なかなか、1番よくないケースを想定しにくいのが、人間誰しもです。

見たくない現実・・・。
だから・・その気配を感じたら、考えたらいいと・・・。

介護離職もしくは介護休職や手当・また在宅ワークなど情報を集めるのも
それからでいいと・・・

ですが・・

親の介護が必要となった主な原因は
・1位 脳卒中(全体の2割近くを占める)
・2位 認知症、
・3位 高齢による衰弱
厚生労働省の「平成25年国民生活基礎調査」

親がある日突然倒れて病院に運ばれ、退院後介護が必要になるということも
多いということです。

思いもよらなかった、急激な介護です。

情報をあまりにも持ちあわせないままに介護が必要となり、
誰かに相談できるも間も持てず、ただやらなければならない現実に追われ

「自分が辞めるしかない」と追い詰められるケースが多いのです。

脳卒中と言う急な要介護ならずとも・・・
なかなか、その場に備えて準備できている人が少ないのも現状です。

相談できる相手もない・・もしくは責任感のあまり・・・

下の動画は、介護離職をやむなくすることになった
ある男性のお話です。

4分13秒あります。まだ、観たことがない方はぜひ一度ご覧ください。

私はもう今までに何度も観ました。そして、だからこそ
今、できるうちに、もう誰も同じ道を歩まなくていいように
多くの方に伝えていきたいと思っています。


日本の介護離職の状況

総務省の「平成24年就業構造基本調査」(5年に1回実施)によると、
会社などで働きながら介護をしている人は約240万人で、
介護・看護のために離職した人(2011年10月~2012年9月)は10.1万人です。

介護離職の”予備軍”は約42万人と言われています。

今、働きながら介護をしている人の約3人に1人が
調査の結果、このまま両立はできないと思うとのアンケート結果で、

実際、介護を始めてから、1年以内に5割近い人が
両立を断念して、介護離職されています。

そして…介護の状態でなくなって、
いざ再就職しようとしてもブランクもあり、なかなか決まらず、

また、再就職をしても、元のように、満足のいく収入には
ならないケースが殆どだという調査結果もあります。

外に働きに行けなくなっても、在宅ワークならできる!

もし、今の仕事ができなくなったとしても
介護の合間の時間を見て、自宅で取り掛かれる在宅ワークを持っていれば・・

それは、あなたにとって、経済的にも精神的にも
負担・不安から救ってくれるものとなります。

今、時代は何でもインターネットでできる仕事が
注目されています。

そんな中、ネットワークビジネスも新しい時代へと移行されてきていて
インターネットで展開することが密かにブームとなっています。

働けなくなっても、ずっと入り続ける収入があれば・・

それに、ネットワークビジネスの大きな魅力として、
他のビジネスと違うのは、

一度時間をかけて組織を構築すれば
その先、手を休めてもずっと入り続ける

権利収入を得ることができるということです。

介護離職に迫られるケースが増えてきている今の時代

インターネットで展開できるネットワークビジネスは
在宅ワークとしても、介護離職の救世主と言えます。

収入になるには時間がかかる

インターネット展開のネットワークビジネスは
介護離職の不安にこれ以上ないものですが、

ただ、一つデメリットとしては、
思うほどの収入になるには、
それなりに時間がかかるということです。

ですので、その場に追いやられてから始めるのでは、
その場の不安な気持ちの解決と経済的救世主にすぐにはならないかもしれません。

だから・・・・始めるのは、今です

介護離職の不安に朗報!インターネット展開のネットワークビジネス

つぎは人生後半を豊かに!


ネットワークビジネスコース
「この良縁によってあなたに七つの幸福が授かりますように…」
副をお届けできる勧誘方法とは

介護離職は避けたい!!介護休暇の制度

a:352 t:1 y:0