自分年金作る!在宅インターネット展開ネットワークビジネス

将来の自分を助ける!自分年金
今できることで作る!ネット展開ネットワークビジネス


現実は見たくない・・将来不安・・

少子高齢化社会
健康寿命と平均寿命の差
年金不安

ニュースで聞くたび・・・
大変そうだと思っても

どこか、他人事・・・まだ先のこと・・ってことありませんか?

今の生活で精一杯な子育て世代

将来の不安に対しても考えなければならないと思っても、
毎日の生活費・子どもの教育費・・車や家のローン・・・

毎月毎月をやりくりするのが精一杯・・。
先のことなんて・・・自分年金だなんて・・
備えを作る なんて・・・できない・・

それに、教育費が落ち着いたと思ったら、
親の介護などで、働ける時間を充分に確保できないかもしれないです・・

自分の老後のことなんて・・・そこまで手が回らない・・
そう、どうしてもならざるを得ない、今の日本の現状・・ですよね。
・・・と、私自身も・・ずっと目をつぶってましたが・・・。

長寿国日本!なのはいいけど・・・だけど・・

今は、大変だったらその分働いたらいいや!!て頑張れても
いつまでもそんな事いえなくなってきますよね・・?
一体いくつまで、現役で走れる??

そして、更に頭に入れて置かなければならないのが

健康寿命と平均寿命の差

健康寿命とは、自分でちゃんと元気に生活できる年齢 
介護など…必要ない状態・・です。

長寿国日本って言われていますが、
この健康寿命と平均寿命の差が日本は10年

世界でみても他の国が多いところで7年程度に対しトップの年数です。
この差も世界1 ・・同じ世界1でも喜べない世界1です・・。

いつまでも元気なつもりでも、
頼りにならない年金だから・・・と
働き続けられるものでもないですしね・・・。
ましてや、介護が必要な状態で長くを過ごす可能性もあるわけです。

益々あてにできない年金 受給額も開始年齢も今のようにいかない

あてにできないのは分かっているけど・・・
実際・・・どうしたらいいのだろうって・・現実です・・。

年金開始年齢だって引きあがるように言われていますよね。

世界では、多くの国で67歳、68歳への引き上げが行われています。
長寿国の日本も、同水準、またはその上をいく支給年齢70歳への引き上げ
現実にならざるを得ないのかもしれません。

長寿国・・・長い老後・・・生活するためのお金・・
どうやって確保できるのでしょうか・・

考えれば考えるほど
救える頼みの綱に思えるものが何もない状態ですよね・・・。

今からできること、新たな収入源を作ることをそろそろ考えないと

お金の心配なんて・・・年を重ねてからしたくない
子どもに、お金のことで負担をかけたくない!!

誰もが思うことです。

そろそろ、本気で自分年金作る・・・新たな収入源を作ることが
誰にでも必要なときになってきているのではないでしょうか?

今、家計を支えているのは、きっと多くの場合

ピン時間と引き換えに得ている収入=お給料

そして、自分年金を作るのに最適だと言われているのが

ピン仕組みを作って得られる収入=権利収入

今、元気に働けるのだから、
今、ほんの少し・・・時間を移行して、この仕組みを作るのが
とってもとっても有益なことだと思いませんか?

今の毎日に追われるのが大変だからと、今たくさん働いても
今の自分だけしか助けれないけど、

この仕組みを作って得られる収入に
自分の労力を少し、移行しておくことで、

将来の自分をも救います。そう、準備しておきたい自分年金となります。

インターネット展開のネットワークビジネスは、
在宅で自分の隙間の時間を移行できるので、

自分年金を作るには、最適!!だとおもいませんか?

自分年金作るに朗報!インターネット展開のネットワークビジネス

参考資料:
実際に年金はいくらもらえているのか
「年金支給額は、国民年金が平均月額で5万4千円、厚生年金は14万8千円」
厚生労働省が12月に発表した「平成26年度厚生年金保険・国民年金事業の概況」
より

厚生年金は加入期間や報酬によって、支給される金額に差があります。
そのため、男女差が大きく、
平均月額は男性が「165,450円」、女性が「102,252円」となっています。

これを、それぞれのケースで見てみると

国民年金 単身者
54,497円
国民年金 夫婦
108,994円
厚生年金 単身者
147,513円
厚生年金(夫)+国民年金(妻)
219,947円
厚生年金 夫婦共稼ぎ
267,702円~295,026円

データ

a:391 t:1 y:0