血糖値スパイク正しく知って食事と生活習慣見直し

血糖値スパイクって知っていますか?
隠れ糖尿病や前段階だったりするので、注意必要です!

血糖値スパイクとは

血糖値スパイクとは、スパイク=釘 から来ている言葉で、
食後急激に血糖値が上がることです。

食後の高血糖は、
動脈硬化 突然死につながる危険のあるものです。

血糖値 血液中の糖分の割合が高いものが
高血糖

高血糖が持続するのが糖尿病

糖尿病は進行すると
視力低下 臓器障害 

血糖値高いのが続くとよくないのですが・・

通常食事を取ると、健康な人は、血糖値は緩やかに上下しますが

食事をした後、急激に上がるそのグラフが釘みたいなことから
血糖値スパイクと言われています。

血糖値スパイクが危険なわけ

①血管の壁が傷つきやすい
②自覚症状がないから見落とす

血糖値を図るのは通常健康診断なので、
食後すぐに起こる、スパイクの人でも
診断では見つけられません。

血糖値スパイクに危険性が高い人

血縁者に糖尿病
内臓脂肪が多い
高血圧
運動不足

血糖値スパイクの対策

食事のとり方と生活習慣の見直しで予防できます。

また、血糖値スパイクを予防法は太りにくい体質作りにもなるので 
一石二鳥!!肥

食事のとり方 食べる順番

焼肉定食なら

1.野菜 ⇒2. 焼肉 ⇒ 3.ごはん
お味噌汁好みのタイミング

ご飯までに5分取るのが理想です。
また、食事は20分以上は掛けてゆっくり食べましょう

糖分不足の時間を長くし過ぎない

また、朝ごはん抜かないのも、有功な対策の一つです。

適度な運動

食後15分の運動も効果的