高齢者定義変更でどうなるにっぽん!働ける機会が経済を変える

「65歳でも70歳でも高齢者でなくなる?」−−。

現在「65歳以上」と定められている高齢者の定義について、
日本老年学会、日本老年医学会は
75歳以上に引き上げるべきとする提言を発表しました。

高齢者定義変更の提言 
75歳~    「高齢者」
65歳~74歳 「准高齢者」

高齢者データ

実際に、高齢者と自身で思う年代ともあっているようですが・・・

理由は若返ってる? ・・・それだけでない?!

生物学的に見て、現在の65歳からの人たちは、
5~10歳若返っていると言われています。

知的機能で見ても、現在の70歳代の検査の平均得点が
10年前の60代に相当するそうです。

若い高齢者データ

身体も、知的機能も、昔に比べて若くなっているから・・・ってことが
この高齢者定義変更の理由に全面に押し出されていても・・・。

この背景にはやっぱり、解決していかなければならない
山積みの問題・・労働人口の減少や、社会保障費の増加など

今の日本が抱えている大きな問題・・からなのではないでしょうか・・・。

高齢者の定義変更で変わりそうなこと・・・

海外での高齢者の定義は、多くの先進国が60~65歳となっています。

そして・・・高齢者の定義に合わせて、年金が支払われ始めています。
・・・ということは・・・

年金支給開始年齢・・・やっぱり引き上げ??

年金

海外でも今、アメリカ・ドイツの支給開始年齢は
67歳に引き上げを検討されているくらいです。

高齢者・・・の定義が変われば、ここ変えていきやすいように・・・
思ってしまいますよね??

どうなる??にっぽん 他への影響は?

高齢者の定義が変更になり、
年金支給開始年齢が引き上げられていくと・・・

考えられるのは・・・

60歳で定年退職してから・・どうする?

そこから、年金開始まで・・・
そして、平均寿命と言われる年齢まで賄える預貯金・・・

どうなっていくのか・・不安になります。
高齢者不安写真
ですが・・・

高齢者定義変更が景気の活発へ?!

高齢者の定義が変わると・・・
准高齢者の雇用が活発され・・・

准高齢者の雇用が活発になれば、経済は活性されると言われています。

本当に、雇用は活発になるのでしょうか・・

雇用が活発になったとしたら景気が活発にと言われるのは、

現在の高齢者は、他の年代に比べて、平均として
貯蓄額 ⇒ 多い
収入  ⇒ 少ない

なので、先々ために、貯蓄を崩さす、
節約して暮らしていることが多いと言われてますが、

雇用が活発して収入が増えれば、貯蓄を崩さないよう
節約しなくてもよくなり、消費に回りやすいとされるからです。

雇用活発の信ぴょう性

だけど・・・
退職してから・・新たに仕事・・・
そんなに簡単に雇用は活発されるのでしょうか?

大きな企業によっては、お給料などの待遇は変わるものの、
65歳まで在職してもらっていいですよ!という
いいところもあり・・

そういう企業が増えていくのであればいいですが・・・

退職してから、新しい仕事・・・どれだけ
手にできるのでしょうか・・・

高齢者雇用

ネットワークビジネスが日本の経済を変えうる??

雇用があっての・・雇用が活発になっての・・
日本の将来にも明るい兆しです・・!

そうでないなら・・
不安な期間が・・長くなるだけで心配です。

心配な期間が長引く可能性があるなら、
やはり、それぞれ個人が、自分で自分を守る
何か個人力を求められているように思いますよね・・

今から、今の自分の時間を少しずつ移行していくことで、
少しずつ準備することもできます!

インターネット展開のネットワークビジネスは、今すぐに必要な
資金の準備に向くものでもありませんが・・・

自分年金

時間と共に、着実に確実に・・・
資産的収入・・継続して入る収入・・つまり年金のようにして入る収入
自分年金作りにもってこいの

これ以上ないものであると思います。

准高齢者の雇用が本当に活発なるの?って心配するより
今から準備できるがうれしい在宅ネットワークビジネス

「この良縁によってあなたに七つの幸福が授かりますように…」
案内資料

つぎは人生後半を豊かに!


若くてきれい・元気で健康

ワクワク人生を考えるサイトへようこそ!

ライン

インターネットだけで成功できる

ネットワークビジネスまだ始まったばかりです!

画像の説明

  • ホームページでは、諸々の規則によってすべてをお伝えすることができません
  • ご希望の方は以下からお申込み頂くと、無料で動画&資料とフォローメールで
  • 私が展開しているネットワークビジネスの仕組みをすべて公開しています

画像の説明
i無料パンフレット

業界NO.1のサポートで安心!

このビジネスを始めるのに、特別な資格も才能も必要ありません。

コツコツ隙間時間を使って無理なく継続できます

仲間と一緒に力を合わせて、豊かな生活の実現への究極の方法とは?



a:124 t:3 y:1